活動団体

「NPO法人いまから」は、子供たちおよび若者たち、障害を持つ若者本人及びその親たちに対して相談する事業を行い、これらの人たちの教育、自立、生活、就労の問題の改善や解決を図り、生活の安定や自立の向上及び就労の増進に寄与することを目的としています。

目的を達成するため、次の事業を行っています。

  • 学校教育に関わる問題を補助し、支援する事業
  • 不登校や引きこもりの居場所を作り、自立を支援する事業
  • 子どものことで悩んでいる親たちの相談を受け、支援する事業
  • 居場所を作り、家族関係の改善と若者たちの自立を支援する事業
  • 若者たちが就労できるように支援する事業
  • 障碍者の日常生活および社会生活を総合的に支援するための法律に基づく障害福祉サービス事業

「いまから」って?

生きるのが難しい、社会にうまく適応できない、家族関係に悩んでいる、心の調子が悪い…。人生の途中でつまずいてしまって、立ち上がるのが難しい状態にある人には、「いまから」の存在を知ってほしいと思います。

皆が当たり前に出来ている事が出来なかったり、人と関わるのが怖かったり、働きたくても働けなかったり。そういった悩みは、なかなか周囲の人達には理解され難く、場合によっては非難されてしまったりするので、ひとりで抱え込んでしまうケースが多いと思います。

「いまから」ではそんな人達を否定せず、社会の中で生きやすくなるように支援をしています。しっかりと話を聞いて、その人の事を深く理解した上で、各々に合ったサポートをします。学習支援(高卒認定、専門学校や大学受験、学び直し)、就労に向けての訓練やスキルアップ、対人不安の訓練、体力づくり、グループホームでの自立支援、生活困窮者の支援等、その人が抱える問題を解決するために、何度でも相談に乗り、柔軟な対応と具体的な支援をしています。

「いまから」は相談者の「心」を大切にしています。精神状態や家庭環境など、その人の悩みの根源となるものに丁寧に向き合います。それは、理事長をはじめとする「いまから」の職員の人たちの信念のように思えます。また、本人のペースを尊重し、ゆっくりと長い目で見守っていきます。

自分の個性や気持ちを肯定し、受け入れてくれる。話を聞いてくれ、心に寄り添ってくれる。現状を変え、前に進むために手を貸してくれる。そういう存在がいると、心強いと思います。「いまから」の相談窓口は「とよはし若者サポートステーション」になりますが、とよサポの相談員の人たちは、皆穏やかで優しい雰囲気を持っているので、話し易いと思います。あまり難しく考えず、軽い気持ちで相談に来て頂けたらと思います。


NPO「いまから」活動概要

平成19年
主にニート、ひきこもり、不登校の若者を支援する団体として発足。
平成20年~平成26年3月
豊橋市青少年課との共同事業として豊橋市青少年センター宿泊棟を利用しニート・ひきこもりの若者を対象とした、宿泊をしながらの生活訓練事業を実施する。
平成21年~平成24年
豊橋市青少年課からの委託事業として、ふるさと雇用事業「若年不就労者就労支援」事業(就労体験、コミュニケーション訓練等)を実施。
平成21年~現在
厚生労働省の委託事業として地域若者サポートステーション(若者の職業的自立を支援する施設)を運営。
平成26年5月~現在
障害者総合支援法で定められている共同生活援助(グループホーム)を開設。主に知的障害、発達障害、精神障害を抱える10代後半~40代の人たちの就労を含めた生活全般の支援を実施。
その他、地域団体との連携活動として、外国籍児童の放課後学習サポート、農産物の販売催し参加、フードバンク事業への取り組み等。
高校中退者等を対象とした高校認定試験に対応した学習支援。相談業務で本人のみではなく、家族への相談支援を強化して根本的な生活の安定を目指す支援。
精神障害及び発達障害を持つ利用者の自立に向けた支援。
相談に来た利用者の家庭状況、生活困窮状況を踏まえた、サービス提供の強化に力を入れている。