とよはし若者サポートステーション

地域若者サポートステーション(通称サポステ)とは、「働くこと」への不安や悩みを解決し、第一歩を踏み出す気持ちを全面的にサポートする、厚生労働省委託の支援機関です。

 


個別面談

相談員と話し合い、さまざまな専門スタッフと連携して、どうしていくのがよいかを一緒に考えます。




※ご両親が相談に来られたケース




各種プログラム

コミュニケーションが苦手な人向けのグループワークや講座では、同じ悩みを抱えた仲間と気持ちを共有し、将来に向けて前向きな気持ちを持つことができます。

 

■こころのサポートセミナー

 

 

自己理解を深め、新たな視野を広げて働きやすい気持ちになれるようサポートします。

 

■英語でコミュニケーション

 

英語を使えなくても、そこにいるだけでコミュニケーションの練習になります。

 

■手芸教室

 

手ぶらで参加できます。手作業をしながら、気持ちを落ち着けます。

 

■言葉を使わなくてもよいコミュニケーション

 

別名「居場所」。各々が好きな事をして自由な時間を過ごします。

 

■太極拳

 

軽い運動です。毎週通えば生活リズムつくりにも好影響となります。

 

■ボランティア体験

小学校で外国人小学生の宿題を見ます。学力は問われません。

 


    職業訓練

    農作業や職場体験を通して、就労への第一歩を踏み出します。



     

     

     

     


    集中訓練プログラム

    生活面のサポートと職場体験・職場実習・資格取得などの訓練を集中的に実施する合宿を含むプログラムです。

     

    ■スタッフと過ごそう

     

     

    ■卒業生の話を聞こう

     

    過去のプログラム参加者に、就職するまでのエピソードや、就職した後の話を聞きます。

     

     

    ■販売体験

     

    販売体験では、農産品のほか、自作の小物も販売できます。

     

    ■夕食作り

     

    合宿では、メンバーとの共同作業で夕食作りもします。

     

     

    ■企業説明会

     

    スタッフの同席も可能です。

     

     

    ■ハローワーク職業相談

     

    サポステから紹介できる専門コーナーもあります